• 弁理士団体 無名会

    - since 1922 -

  • News

    最新情報をチェック!

  • 幹事長挨拶

    無名会のホームページへようこそ。平成29年度無名会幹事長の鶴目朋之と申します。

     

    無名会は、1922年の創立から数えて今年で96年目、もはや創立100周年も遠い未来ではない、弁理士の団体としては最も歴史ある会のひとつです。

    “無名会”というユニークな名前は、老子の一節「無名は天地の始めなり。有名は万物の母なり。」から採られたと聞きます。この名前には、弁理士業界の中でこれから新たな歴史を作るという自負とともに、名前には縛られない、それこそ、学閥や堅苦しい上下関係などにはとらわれない会を目指したであろう諸先輩方の思いが込められているように思われます。

    この自由な気風は今なお無名会の伝統として受け継がれており、この中にどっぷり浸かるとこれほど居心地の良い会はないように思えます(手前味噌ですみません)。

    このように書くと、何やら無名会は自由気ままに活動しているように思われるかもしれませんが、真剣に議論すべきときは議論し、日本弁理士会などの公的な活動にも積極的に関わり、弁理士会会長をはじめとした数々の優秀な人材を輩出して業界の発展にも貢献しています。

    そして、もちろん楽しむことも忘れてはいけません。年一回の旅行会やその他の行事の和気あいあいとした雰囲気は無名会ならではのものです。最近はずいぶんと若手の参加者も増えてきており、より一層参加しやすい雰囲気になっているように思えます。

    私自身のことを言えば、無名会を通じて仕事以外の部分でも付き合いが広がり、人生をより豊かにしてくれたと思っています。私は山登りを趣味としていますが、そもそものきっかけは無名会の仲間たちと山歩き(当時は山登りというレベルではなかった・・・)に行ってはまったのが始まりでした。今でも、無名会の仲間と山登りに行くこともあります。 

    無名会では、定期的な研修会のほか、ゴルフ、テニス、ボウリング、囲碁、麻雀、ワイン、ランニングなど趣味の集まりも行っており、また、若手との交流を目的とした懇親会も行っていますので、もし無名会について少しでもご興味を持っていただけたのであれば、いつでも気軽に顔を出していただければと思います。

     

    皆様の弁理士人生が無名会を通じて少しでも豊かになればと願っております。

     

    無名会幹事長 鶴目 朋之

  • 無名会とは

    弁理士を会員とする団体の一つで、90年以上の歴史があります。

    無名会という名は、老子の著書「道徳経」第一章中の「名無きは天地の始めにして、名有るは万物の母なり」という一節からとられた名であり、無名会創設者(故谷山謙雄先生、故藤田実雄先生、故菊池馨先生。故二代目旦六郎治先生等)によってキァリア或は派閥を意識せず、また反骨精神の旺盛な方々のグループを意味して名付けられたということであります。

    (無名会創立70周年誌:藤本博光先生の「開式の辞」より)

  • 研修及びイベントの案内・報告

    無名会で行われる研修及びイベントの案内と報告です。

    ※対象者は原則会員(一部は弁理士登録者・弁理士試験合格者含む)となります。

    企画委員長 矢崎 剛平

    平成29年11月21日(火)に、平成29年度弁理士試験合格者の皆様を御祝いするとともに、今後の親睦を深める機会にと、合格者祝賀会を開催いたします。

    研修委員長 林 司

    平成29年5月31日(水)に、第1回研修「弁理士に求められる特許実務能力」を開催致しました。

    研修委員 三井 直人

    平成29年5月10日(水)に近年合格者を対象とした新人研修会「弁理士の世界について~弁理士会、会派、日弁について判り易く説明します~」を開催致しました。

    企画委員長 矢崎 剛平

    平成28年11月21日(月)に、六本木ヒルズクラブにおいて、本年度の弁理士試験合格者祝 賀会を開催致しました。

    研修委員 齋藤 康

    平成28年7月28日に第2回研修「プロダクト・バイ・プロセス・クレームに関する審査対応実務-あなたはどのように対応していますか?-」を開催しました。

    企画委員長 香坂 薫

    平成27年11月19日(木)に、六本木ヒルズクラブにおいて、本年度の弁理士試験合格者祝 賀会を開催致しました。

  • 無名会内組織

    無名会には以下の委員会があります。

    人事委員会

    人事委員会は、日本弁理士会、日本弁理士クラブ等への無名会会員の推薦や、日本弁理士会役員選挙への対応を主な任務とします。

    また、会の名簿の作成も人事委員会が担当しています。

    企画委員会

    企画委員会は、新年会を始め、当選者祝賀会や合格者祝賀会など、無名会で行われる各種行事を企画・実施します。また、若手会員向けの懇親会も企画しています。

    政策委員会

    政策委員会は、日本弁理士会等への無名会としての意見・方向性を取りまとめることを任務とします。政策委員長は、日本弁理士クラブの政策副委員長となり、政策課題の検討の連携をとっています。

    研修委員会

    研修委員会は、主として無名会会員向けに、各種研修会を企画・実施します。

    日本弁理士会をはじめ各種認定機関の研修が充実している昨今、講義形式の研修だけでなく、ディベート形式での研修の充実化も図っています。

    福利厚生委員会

    福利厚生委員会は、会員相互の親睦を深める企画を行うとともに、各同好会の補助活動を行っています。

    主には、秋の国内旅行会の企画・取り仕切りをします。

    会誌委員会

    会誌委員会は、毎年発行される無名会誌の作成を担当します。

    また、日本弁理士クラブの会誌の作成も他の会派と連携し作成しています。

    情報委員会

    情報委員会は、ホームページの運用と会員向けメーリングリストの管理を担当します。

  • 常設研修会

    無名会には、定期的に開催される研修会が組織されています。

    特許判例研修会は、特許に関するさまざまな判決を自由に選んで討論することを目的としています。国内の最近の判決が題材として取り上げられることが多いのですが、外国の判決や過去の判決を扱うこともあります。

    意匠・商標判例研修会

    現在、再開に向け鋭意準備中です。

  • 同好会

    会員の交流を図るために作られた同好会の一部を紹介します。

    ゴルフ同好会

    ゴルフ同好会は特に決められた厳しい規則も無く、タイミングの合うゴルフ好きが集まってプレーを楽しむ真の同好会です。

    年間を通じて行う主な活動は、春の無名カップ、秋の国内旅行会でのゴルフコンペがあります。また、夏には有志で北海道ゴルフ合宿を行うこともあります。

    テニス同好会

    テニス同好会は、春に開催される弁理士協同組合主催のテニス大会と新春1月ごろに開催される日本弁理士クラブ主催の大会への参戦が主たる活動となります。いずれの大会も、ダブルス2組からなる1チームで試合を行います。

    ワイン同好会

    ワイン同好会では、年2回程度、1人1本持ち込んで味の人気を競ったり、テーマを設定して解説を聞きながら、料理とワインを楽しんだり、更にはブラインド(銘柄等を聞かずにテイスティング)で、ワインを楽しんでいます。

    ボウリング同好会

    ボウリング同好会の主たる、そして唯一の活動は、12月に開催される日本弁理士クラブ主催の大会にぶっつけ本番で参加することです。

    ランニング同好会

    ランニング同好会は平成29年に認められたもっとも新しい同好会で、前年から開始された日本弁理士クラブ企画のリレーマラソン大会への出場の他、皇居を走ったりすることで親睦を深めています。

  • お問い合わせ

     

    無名会に関して、ご質問等ありましたら、お気軽にご連絡ください。

    (入会申込書はコチラ

  • 外部リンク

    無名会の常設研修会である特許判例研修会のサイトです。同研修会に興味がある方はこちらも覗いてみて下さい。

    無名会他、4会派が所属する日本弁理士クラブのサイトです。日本弁理士会との区別がつきにくいですが「日弁」はこちらを指します。

    日本弁理士会は、知的財産権の制度の適切な運用に貢献するために、弁理士法に基づいてつくられた法人です。

    日本弁理士政治連盟(弁政連)とは、日本弁理士会(本会)の方針に沿って、本会の事業を達成するために必要な政治活動をおこない、弁理士制度および知的財産制度の発展に寄与すべく組織された団体です。