• 無名会とは

    弁理士を会員とする団体の一つで、100年以上の歴史があります。

    無名会という名は、老子の著書「道徳経」第一章中の「名無きは天地の始めにして、名有るは万物の母なり」という一節からとられた名であり、無名会創設者(故谷山謙雄先生、故藤田実雄先生、故菊池馨先生。故二代目旦六郎治先生等)によってキァリア或は派閥を意識せず、また反骨精神の旺盛な方々のグループを意味して名付けられたということであります。

    (無名会創立70周年誌:藤本博光先生の「開式の辞」より)